2009年9月30日水曜日

ボスの鶴吉

若干小柄な体格ですが波勝崎苑のボスです。
名前は「鶴吉」さん。
平成15年の9月からの就任だそうです。
大きくて強そうなおサルさんでも、この鶴吉さんが来ると
黙ってその場を去ります。
さすがナンバー1!
波勝崎苑の社長さんは、この鶴吉さんがそばに来ると
ニコニコ顔でとっても嬉しそうです。
video
鶴吉さん…おしっこが…じょんじょろりん…

2009年9月21日 波勝崎苑

夏の思い出

今年の夏は短かった気がする。
こんなシーンもすっかり懐かしい。

video
まさに海猿。(…びしょびしょですが)
波に打ちあげられた葉っぱを取って食べている。















見たところイネ科の植物
海水でいい感じの浅漬け状態のようだ(笑)
















おばちゃん、その葉っぱちょうだいな
ぐはっ

2009年8月22日 波勝崎苑

2009年9月29日火曜日

市民ではないのですが…

27日は市川市動植物園へ




















飼育担当の方がスライドを使って
オランウータンのいろんな事を教えてくれるなんて
非常に貴重な講座だと思います。
毎回、すごく勉強になっている。
それは、動物学的なものばかりでなく
優しさやユーモア、忍耐、努力など
人(自分)にとっても大事な事を
気づかせて頂いております(汗)
子供の頃、このくらい熱心に勉強できてたら…
と、思いつつも
まぁ、何事を始めるのに遅い事なはいと
素晴らしい講座に参加できた事に感謝です!
来月も楽しみです!


お父さんの「イーバン」




お母さんの「スーミー」とわんぱく「ウータン」

2009年9月27日 市川市動植物園

2009年9月28日月曜日

アンパンマンがお母さん?

オトメちゃんのお母さん代わりだったぬいぐるみです。
私も好きな「リラックマ」
そのリラックマ母さんが、子育て終了と先日サル山を去り
今はこのように展示されています。

ところが、、、、

あれ?
以前オトメちゃんが入っていた、サル山のゲージの中にぬいぐるみが!?
な、なんと今年もお母さんに育ててもらえない子が居たんですね。





リュウちゃんのお母さんは「アンパンマン」

ゲージ越しにオトメちゃんがリュウちゃんを見つめていたのが
印象的でした。
リュウちゃんの気持ちが一番わかるのは、オトメちゃんだもんね。
心強い先輩もいるんだ、がんばれリュウちゃん!

2009年9月27日 市川市動植物園



2009年9月27日日曜日

残されたおサルさん達

小田原動物園に居たゾウのウメ子さんが
9月17日に永眠され、最後のお別れに行ってきました。
























                                

もう、この動物園にはおサルさんだけしか居ない。
文化庁が史跡に動物園は相応しくないと
たくさん居た動物も、数年前の縮小により
ゾウのウメ子さんと、古くて狭いサル山に居る
おサルさんだけになっていたのだが
ウメ子さん亡き後、閉園のニュースもあり
おサルさん達の今後が大変心配であります。

video

2009年9月26日 小田原動物園

2009年9月25日金曜日

成長

今年生まれた子猿たち
生まれて間もない頃は
まるでお爺ちゃんな感じ(笑)







そんなおチビちゃん達も、ずいぶんたくましくなってきました。
video

みんながみんな、無事に寒い冬を元気に越せるといいな!

2009年7月~9月吉日 波勝崎苑

物足りなさ

オトメちゃんの居るサル山は、周りから見下ろすタイプ
とにかく、遠い!遠すぎる!
もっと近くで、写真のような愛らしい表情を見たいのに…


 出来る事なら、ふれあってみたい。
行く度に物足りなさで、楽しい反面、だんだんと不満が積もってきました。
オトメちゃんが無理なら、他のおサルさんでもいいっ!
もう、おサルさんの事がもっと知りたくて
好奇心でいっぱいの状態でした。
ネットで検索すると、自分で餌をあげられる場所を発見!!

全国各地にあるものの、気軽に行ける場所は限られる。
まず最初に、千葉県富津市にある高宕山(たかごやま)自然動物園へ
おお~っ!
こんな間近で
それも手渡しでご飯をあげられる♪
ひゃーひゃーっ!(←大喜び)

 


 きっと、オトメちゃんもこのくらいの大きさかなぁ
可愛い手だなぁ
ちっちゃい赤ちゃんもいっぱい居て
お母さんにしがみついているところを
こちょこちょっと触ってみる
興味を持ってくれた赤ちゃんが
笑ったような顔で私の指を、そっと握ってくる
きゃわいぃ~♪
もう感動で暑さも忘れて、ふれあってました。

おかげで、日に焼けてこんがり(笑)
まぁ、この先もいろんな場所で日に焼けて
真っ黒けっけになった夏でした。
こうやって、私は益々おサルさんに夢中になるのでした。

2009年7月12日 高宕山自然動物園

きっかけ

私がおサルさんを、こんなにも好きになったきっかけ。
それは、私の好きなキャラクター「リラックマ」のぬいぐるみを
お母さん代わりにサル山で一緒に行動している
オトメちゃん(2008年6月生まれ♀)という
おサルさんの記事だった。
早々に会いに行くと、居ました♪

どこに行くにも一緒な感じ


 お母さんも大変(笑)

 TVのニュースでもやったそうで
オトメちゃんは全国的に有名となり
現地に行かずともインターネットでたくさんの写真、動画と
あふれる情報で、日々の近況など知る事が出来ました。
それでも、やっぱり会いたくて、何度も足を運んでは
オトメちゃんの微笑ましい姿で、いつも心を和ませてもらいました。

2009年5月吉日 市川市動植物園

食欲の秋

涼しくなって食欲が増すのは、どうやら人間に限ってではなさそうだ。
母ちゃん、まだくれって?もう入らないだろうに(笑)











 


多くのおサルさんが頬袋を膨らませる中
スペシャル級の子を発見!
video
苑で、その日最後にもらえる生のさつま芋をバリバリボリボリ(笑)
人相ならず猿相が変わってて、誰だかわからないのでは?
波勝崎苑 2009年09月21日

2009年9月23日水曜日

毛づくろい見習い中

おサルさんにノミはいません。
私が取ってるのは「かさぶた」
小枝の先が刺さってか小さな傷は体中にみられる。
あとはたまに「ふけ」があるくらい
よっぽどお尻が汚れていなければ
不快な体臭もなく、猫に近いお日様の匂い
綺麗なもんです。


サービス精神旺盛な私は、おサルさんに毛づくろいして
リラックスしてもらいたいと思っている。
しかし、苑に居る多くのおサルさんは人間に体を触られるのは嫌いのようだ。
無理に触ると「きぃーっ」て威嚇される。
中には友好的なおサルさんもいて、寄ってきては指を握ってきたり
差し出した手に足を乗せてきたりするおサルさんがいる(笑)。
もっと警戒心のないおサルさんは、ひざや肩に乗ってくる。
そんな時チャンスとばかり、毛づくろいを試みている。
涼しくなって、毛が伸びてきたのか、モフモフした感じ。

video
気に入らないと思いきや、またひざに乗って来る。
video
どうやら背中をやってとのリクエスト
いい感じでリラックスタイムと思った矢先
突然!で~っかい雄サルがダッシュで威嚇してきた(汗)
「ゴルァ!うちの群れのもんに何してやがる!」
ひぃ~っ!仲良くしてただけだよ~っ ヽ(;´Д`)ノ
波勝崎苑 2009年09月21日